イヤホン

【二万円以下】マニアが選ぶ、おすすめイヤホンランキング【高音質】

こんにちは!ノムユです!

 

僕は年間100万円以上オーディオに注ぎ込んでいる変態なので

結構イヤホンは持っている方なんですけど

 

それ以上にめちゃめちゃ聞きます。

なんなら有名イヤホン(店頭で陳列されているようなイヤホン)は全部聞きました。

どういうことかというと、一つのイヤホンを買う際にとことん比較をしたからです。

 

本記事では【二万円以下】で買えるイヤホンで「これを買っておけば間違いない」というものを【音質】の観点で厳選して紹介します。

 

購入前に知っておきたい基礎知識

基礎的なものでいいので、物を買ううえでその知識は持っておくべきだと思います。

その方が買ってから

これなんか思ってたのと違う、、、、;;

というミスが減ると思います。

なので少しだけイヤホンの選びの基礎知識を紹介したいと思います

知ってるよーって方は飛ばしてもらって大丈夫です!

 

形状の違い

インナーイヤー型イヤホン

インナーイヤー型イヤホンは耳に引っ掛ける形で使います。なので外れやすく音漏れがしやすいというデメリットが存在します

しかし、音質面では空間表現に優れており、空気感を味わうことができます。

いまから紹介するカナル型の装着感、密閉感が合わない方はこちらを試してみることをおすすめします。

さらに言えば、外音が結構入ってくるので、外でも使いやすいイヤホンですね

 

カナル型イヤホン

カナル型のイヤホンは耳栓型のイヤーピースを耳に入れるような形で装着します。

外れにくく、密閉性が高いので、音漏れが少なく繊細な音の描写を聞くことができます

最近のイヤホン市場は大体カナル型です。

価格も性能も幅が広いので、自由度が高いです。

カナル型イヤホンの弱点を上げるとするならば、空間表現がインナーイヤー型イヤホンよりも劣るということですが

イヤホンの中で音を出しているドライバーユニットがバランスド・アーマチュア(BA型)ハイブリッド型というものを使っているイヤホンならこの弱点を補って余りある音を出してくれます。

なのでよっぽど僕はカナル型をおすすめています

今回の記事で紹介するイヤホンは全てカナル型のイヤホンなのでインナーイヤー型イヤホンを探している方には申し訳ないです。

 

ドライバーの違い

ドライバーというのはイヤホンにおいて音を出すところと考えていただいて大丈夫です。

同時にイヤホンの音を決定する非常に重要なパーツです。

ダイナミック型

ドライバーの基本形

安価であり主流となっている

比較的低音が得意

豆知識

電流をボイスコイルというパーツに流し込むことで電磁力を発生させる。そのボイスコイルにはダイヤフラムという振動版がついており、ダイヤフラムの振動によって音を出す非常にシンプルな作り。シンプル故に主流であり安価なのである。

 

バランスド・アーマチュア型(BA型)

出典:https://saikounooto.com/blog/badriver/

BA型の強みはダイナミック型と比べて極端に小型にできるということです。

なので高価なイヤホンには何個もBA型ドライバーを搭載していることがあります。

比較的中高音が得意

豆知識

電磁石を使って振動版を振動させるという「仕組み」自体はBA型もダイナミック型も変わりませんが、その「構造」は違います。

出典:https://saikounooto.com/blog/badriver/

コイルに流れた電流がアーマチュアを振動させ、それがドライブロッドを伝って振動版を揺らして、それがスパウトという穴から排出されます

音の傾向を表す用語

ドンシャリ

「ドン」が低音「シャリ」が高音を表す擬音語の組み合わせです。

要は低音と高音が際立ったサウンドということです

具体的には中音域のボーカルの声とかよりも、ミュージックサウンド重視の傾向の音の特性です。

ロックやハウス、テクノ、ヒップホップなどの低音を得意としています。電子音楽を多用する音楽に向いています。

 

かまぼこ

「かまぼこ」とは中域が強く、低音と高音が抑えられているサウンドのことを言います。

周波数特性グラフがかまぼこを切断したように見えることから名づけられました。

「ドンシャリ」のちょうど逆で、ボーカルサウンドの再現性が高いですね。

低音や高音が抑えられていることで、聞き疲れしないのも魅力の一つです。

ギターやバイオリンなどにつよいです。

フラット

そのまま全ての音域の音がまんべんなく出ていることを意味します。

音源をありのまま出すので、生演奏に近い音が聞けます。

注意したいのはフラットが最強ではないということです

音が平坦すぎるというのも聞き手としては物足りなく感じるものなのです。

 

 

すいませんながながと説明しすぎました

ですが満を持しました。ここまで満を持したことがかつてあったでしょうか

では紹介に入りたいと思います!

 

二万円以下おすすめイヤホンランキング:ベスト6

【6位】audio-technica モニターイヤホン ATH-E40

クリックするとAmazonページに飛びます

型式 ダイナミック型
ドライバー φ12.5mm×2
再生周波数帯 20~20,000Hz
出力音圧レベル 107dB/mW
インピーダンス 12Ω
入力端子 A2DCコネクタージャック
プラグ φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)
質量(コード除く) 約10g

解像度が高いモニター型で

ダイナミック型ならではの迫力がありつつも音の分解能が高いイヤホンです

中音域が高いかまぼこよりの音質に感じた

問題点はフィット感で、少しつけにくかったが

ここは人によるので試聴してみてよかったら

おすすめできるイヤホンです!

 

【5位】Westone UM Pro 10 - クリア WST-UMPRO10-CLEAR

クリックするとAmazonページに飛びます

型式 BA型
ドライバー 1
再生周波数帯 20 ~ 16KHz
出力音圧レベル 114dB/mW
インピーダンス 25Ω
入力端子 MMCX
プラグ 3.5mmジャック
質量(コード除く) 12.7g

かっこいい!

Westoneというメーカーのイヤホンなのですが

こちらのメーカーはカスタムイヤホン(一人一人の耳にあった形のイヤホンを製作して作るイヤホン)に力が入っておりまして

そのノウハウがこのユニバーサルイヤホンにも活かされているので、耳へのフィット感はピカイチです

少なくとも本記事で紹介しているイヤホンでもナンバーワンです!!

 

音も解像度が高くこの価格帯としては申し分ないです。

ただ個人的に高音が少し物足りなく感じましたのでこちらの順位です

中音域に強いイヤホンと言えます

 

【4位】iBasso Audio(アイバッソ オーディオ) IT00

クリックするとAmazonページに飛びます

型式 ダイナミック型
ドライバー 1
再生周波数帯 10Hz – 35kHz
出力音圧レベル 106+/-2dB/mW
インピーダンス 16Ω
入力端子 MMCX
プラグ 3.5mmジャック
質量(コード除く) 8g

 

惜しくも三位以内ランクインならずですが、

これ実は、、、、

 

1万円を切っているんです!!

 

それでいてAmazonのレビューなどでは後で紹介する【一位】のイヤホンと比較がなされたりしています。

これってすごいことです。

 

音質もよく、低音から高音までバランスよく出していて、高音が刺さりにくいということもポイント高いです。

 

 

【3位】FiiO FH1デュアルドライバーハイブリッド

クリックするとAmazonページに飛びます

型式 ハイブリッド型
ドライバー 1 ダイナミック・ドライバー + 1 バランスド・アーマチュア・ドライバー
再生周波数帯 20Hz ~ 40kHz
出力音圧レベル 106dB/mW
インピーダンス 26Ω
入力端子 MMCX
プラグ 3.5mmジャックと2.5mmジャック
質量(コード含む) 21g

 

まずはハイブリッド型というのを説明しなければなりませんね

これはその名の通り、ダイナミック型とBA型のドライバー両方を搭載したイヤホンのことです

それぞれの弱点をそれぞれが補い、それぞれの長所を引き立てあっています

もちろん高度な技術であり、高級イヤホンの一部に搭載されています

因みに僕の愛機【legend x】もハイブリッド型であります

 

それがこんな価格帯に存在するってすごいですよね

それだけで買いですw

一万円以下だと敵なしの音質です

 

【2位】final A4000 【FI-A4DPLDN】 カナル型 有線 高音質 イヤホン イヤフォン

クリックするとAmazonページに飛びます

型式 ダイナミック型
ドライバー 1
再生周波数帯
出力音圧レベル 100dB/mW
インピーダンス 18Ω
入力端子 2Pin
プラグ 3.5mmジャック
質量(コード含む) 18g

 

このイヤホンにおいてまず言いたいのは、ボーカルの美しさです

繊細な音作りでfianlらしさを感じさせるものであると言えます。

 

装着感もとても良いので非の打ち所がないイヤホンです

 

本記事において一位の二位の差を付けるのは僕としても非常に難しい問題で

はっきり言ってこの差は好みとしか言いようがないでしょう

 

是非一度聞いてほしいです!!

 

 

【1位】ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO Black

クリックするとAmazonページに飛びます

型式 ダイナミック型
ドライバー 1
再生周波数帯 20 - 18,000 Hz
出力音圧レベル 115dB/mW
インピーダンス 20Ω
入力端子 専用
プラグ 3.5mmジャック
質量(コード含む) 18g

 

お待んたせいたしました

一位の登場です

結局ゼンハイザーなんですわ。

ゼンハイザーの音作りが好きすぎるということもあるのですが。

 

このイヤホンはモニターイヤホンの位置づけですので音を忠実に再現してくれるしゼンハイザーのお家芸の音場は素晴らしいの一言です

音場というのはその名の通り音の空間表現のことです。

そもそもこの価格帯のイヤホンで空間を表現できていることがすさまじいですが、その音の定位もはっきりしています。

 

音楽ジャンルはモニターイヤホンですので問わないという感じです。

クラシックはもちろん、女性ボーカル、ジャズ、ロックなど、それなりに鳴らしてくれ、聴き疲れはまったくしません。

聞き疲れしないというのは、非常に難しいというのは本当にすごいことで、例えば高音が耳に刺さってもきついですし、低音がドンドンしすぎても耳が疲れます

 

この音のチューニングがゼンハイザーはずば抜けています。

この価格帯でこの音を手にできるというのはコスパ最高と言わざるを得ません。

 

是非一度聞いてみてください。度肝を抜かれるはずです

色もブラッククリア二種類あるのでお好きな方をお選びください!!

 

 

 

 

 

 

 

-イヤホン

© 2021 nomulog Powered by AFFINGER5