ゲーミングデバイス

【布系】ゲーミング マウスパットの洗い方・交換時期解説【手入れ・掃除】

2020年12月10日

こんにちは!ノムユです!

マウスパットはパソコン周りの中でも特に汚れますよね

布系のマウスパットを使用しているとなんか白くなってきたりします

 

汚れているマウスパットを使っていてはせっかくゲームのパフォーマンスを最大にするために選んだマウスパットの効果が半減してしまいます

 

今回は汚れたマウスパットを綺麗にして元の性能を回復する方法を紹介します

 

困っている人
マウスパットの操作感がよくない、マウスパットを掃除したいけどその方法は?交換時期の目安は?

こんな疑問にお答えします

 

マウスパットが汚れる原因と悪影響

原因

マウスパットが汚れる原因は主に二つ

  • 手垢や皮膚の汚れ
  • 埃や塵、食べこぼしや雑菌の繁殖

パソコンを操作してる以上、手垢や皮膚の汚れは避けようがなく、マウスパットが汚れてしまうのは避けられませんし

 

普段パソコン作業中に間食をしないという人も、ほこりや塵が付着しています

 

これらは基本的にマウスパットの内部に残ってしまうので、粘着ローラーやウェットティッシュで表面をふき取っても汚れを除去するのは難しくなってしまいます

 

さらに雑菌がマウスパットの内部に住み着くと、場合によってはマウスパットから悪臭が漂うこともあるので、その場合は水洗いしか方法がありません

 

悪影響

マウスパットが汚れると、、、

  • 場所によって摩擦係数が変化して正確なAIMができなくなる
  • くさくなる

場所によって場札係数が変化して正確なAIMができなくなる

これはマジで致命的です

お使いのマウスパットの上でマウスを動かしてみてください

場所によって動かし心地が違ったりしませんか?

AIMというのは結局感覚です

感じの動かしたときの感覚が変わっていては正確なAIMなどできるべくもありません

 

くさくなるのは前述したとおりです

 

 

マウスパットの洗い方

ではマウスパットの洗い方を解説します

今回は布製のマウスパット

僕が愛用して長い「ARTISAN 零」で解説していきたいと思います

因みにARTISAN 零のレビュー記事はこちらです。

【ARTISAN 零 MID】ゲーミングマウスパットレビュー。使用しているプロゲーマーなど

続きを見る

 

ゲーミングマウスパットの場合本当に細心の注意を払う必要があります

掃除した結果、元の性能どころか変形したり、部分的に摩擦抵抗が変わってしまってもダメなのです

 

step
1
洗面器などにぬるめ(40°くらい)のお湯をためる

洗面器はあらかじめある程度掃除しておきましょう

 

step
2
お湯にダイブさせて少しおく

埃や垢などが浮いてくると思います。

 

step
3
手でさすって内部の汚れを外に出す

やさしく手でさするような感じでマウスパッドを洗ってください

 

こんな感じでマウスパット同士を擦り合わせるのは絶対にやめてください

繊維が傷んでしまいます

ある程度で水を抜きましょう

 

そしてステップ1~3を二回か三回くらい繰り返してください

 

step
4
タオルで拭く

このときも擦らないように

ぽんぽんぽんって感じで水気をとってください

ドライヤーでの乾燥は絶対NGです!

 

step
5
直射日光を避けて乾かす

乾かす時にはなるべく平面を保つように心がけましょう

何時間もして乾けば終了です

 

 

結構きれいになります。

触った感触も悪くないです

 

 

因みに今回の洗い方はほとんどプロゲーマーのSPYGEA選手の洗い方の丸パク…、、かなり参考にしています

 

 

マウスパットの交換時期はいつごろ?

マウスパットというのは消耗品です

今回の洗い方で延命できても交換しなければいけないときは来ます

 

今回の洗い方のような延命措置を行わなかった場合

布系マウスパットの交換時期はおよそ6ヶ月ほどと言われています

 

ですが使い方や素材によって大きく異なるのも事実なので

 

今回の洗い方で洗ってみてもまだ操作感が改善しない場合に交換を考えてみてください

 

まとめ

マウスパットの水洗いは間違えると一気にマウスパットの寿命が縮んでしまします

マウスパットの劣化が激しいと洗い方を工夫しても効果がうすいかもしれません

その際には新しいマウスパットに購入することも検討しましょう

 

 

 

 

 

-ゲーミングデバイス

© 2021 nomulog Powered by AFFINGER5